Woodly

よくあるご質問

Woodly素材に関するご質問

Q: Woodlyとは何ですか?
当社の製品Woodly®は、木材ベースの新しいプラスチック素材です。持続可能でカーボンニュートラルな新タイプの包装パッケージ・製品であり、従来の化石由来のプラスチックの代替として使用することができます。Woodly®には、石油由来のプラスチックは含まれていません。この素材は従来のプラスチックの特性を模倣したもので、リサイクル可能となっています。

従来のプラスチックは、主に原油などの化石資源から作られていますが、Woodly®は植物由来(バイオベース)のプラスチックです。バイオベースプラスチックは、糖類、木材セルロース、とうもろこしなどの再生可能な資源で作ることができ、また、バイオベースプラスチック製品の植物由来成分の含有率は、製品によって異なっています。当社Woodly®の材料は、植物由来成分を40~60%以上含みます。(TUV Austria社による認証)

当社は、独自の技術開発を進め、将来的に当社製品の植物由来成分の含有率をさらに増やしていくことを目標としています。

Woodly®の主な原料には、FSC森林認証を所得した森林から採取されたセルロースを使用しています。Woodly®の原料が国際的な生態学的(エコロジカル)および倫理的基準に従って適切に管理されているということは、私たちにとって重要な最優先事項です。

Q: Woodlyは生分解性(biodegradable)または堆肥化可能(compostable)ですか?
いいえ。Woodly®は「生分解性」または「堆肥化可能」ではありません。Woodly®パッケージは、他のプラスチック廃棄物と一緒にリサイクルすることをお勧めしています。

Q: Woodlyのパッケージには化石由来のプラスチックは含まれていますか?
いいえ。含まれていません。

Q: Woodlyは100%再生可能な原材料で作られていますか?
当社ではWoodly®素材のバイオベース原料の比率を増加させることを、絶えず目指しています。しかし現時点では、100%の木質系フィルムはまだ価格が高すぎるため、包装材料として使用するには妥当ではありません。

Woodly®は現在、当社の製品が40~60%の再生可能な原材料から作られていることを保証する証明書を取得しています。私たちは、製品の特性に妥協することなく、バイオベース原料の比率を継続的に増やしていくための研究開発に取り組んでいます。

Q: Woodlyは100%木材から作られていますか?
現在のところ、100%木材を原料としたフィルムは高価で、包装材として使用するのは妥当とは言えません。しかしながら、私たちは、Woodly®の性能や品質に妥協することなく、環境への影響を改善するために日々努力しています。

Q: WoodlyにはビスフェノールA(BPA)やその他の環境ホルモンと考えられる化学物質は含まれていますか?
いいえ。当社の製品には、BPAやその他のホルモンかく乱作用のある添加剤は一切使用しておりません。私たちは自社製品に有害物質を使用しないことを約束しております。

Q:どんな添加物を使用していますか
使用している添加物は全て、食品接触用途に安全に使用できるものとなっております。


パートナー企業様からのご質問

Q:Woodly素材を使って何ができますか?
Woodly® は、ブローフィルムや、キャストフィルムの押出、押出しコーティング、射出成形、ブロー成形、熱成形など、従来のあらゆる技術で加工できる汎用性の高い素材です。パッケージングと製品自体の両方で、さまざまな消費者向け製品に幅広くご使用いただけます。

Q:どんな用途に使用できますか?
これまでお使い頂いている用途は、製品やブランドによって異なっています。私たちはパートナー企業様と共同でデザインしていくことを大切にしています。私たちは常に新しいパートナーシップを構築しながら、製品のプロトタイプとなるものを開発しています。

Q:食品接触材として適していますか?
Woodly®製品は食品との接触に適しています。当社の製品は、EUの規制に準拠しており、食品包装にも安心してお使いいただけます。

Q:サンプルを送付していただけますか?
現在のところ、限られたパートナー企業様のみにサンプルをお送りしています。サンプルにご興味のある方は、メールにてご連絡ください。


一般のお客様からのご質問

Q:Woodly素材でパッケージされた商品はどこで買えますか?
Woodly®プラスチックで包装された製品は、フィンランドのKグループの一部店舗で購入することができます。当社の目標は、2020年中に、より多くの製品をWoodly®パッケージにして皆様に提供することです。

Q:Woodlyはどのようにリサイクルされるのですか?
Woodly®はリサイクルできるようにデザインされているため、プラスチック製品の収集ボックスに分類することでリサイクルが進みます。Woodly®製品は資源ごみとして分別してください。また、可燃ごみとして処分する場合も、焼却時の二酸化炭素の排出量は従来のプラスチックより70%削減することができます。

Q:Woodlyは食べられますか?
いいえ、食べられません。バイオプラスチックは摂取できませんし、人体が消化できるものでもありません。


カーボンフットプリントとLCAに関するご質問

Q:Woodly社のカーボンニュートラルはCO2排出量の補償に基づいていますか?
いいえ、当社はCO2補償は行っておりません。当社のカーボンニュートラル(ゼロカーボンフットプリント)は第三者機関によるLCA分析に基づいております。

Q:CO2の排出量は何に基づいていますか?
広く使用されている比較可能なツール、かつ標準的であり、認定を取得することが重要であるため、LCA(ライフサイクルアセスメント)分析を選択しております。

Q:他の素材と比較して、Woodly®のCO2排出量はどうですか?
従来の化石由来のプラスチックや多くのバイオプラスチックと比較すると、Woodly®のCO2排出量は大幅に削減されています。

Q:カーボンシンクとはなんですか?
カーボンシンク(炭素吸収源)とは、大気中に二酸化炭素として放出するよりも多くの炭素を吸収し、貯蔵するはたらきをするもののことを指します。主な自然の吸収源は、森林、植物、土壌、海洋です。つまり、光合成を行う植物や生物は全て、炭素吸収源として挙げられます。

例えばフィンランドの森林は、2017年にフィンランドの温室効果ガス排出量の40%以上を束ねるカーボンシンクを形成しました。カーボンシンクの管理をしっかりと行い、炭素吸収源が大きければ大きくなるほど、より早くカーボンニュートラルに到達することができます。

Q:Woodlyは自然にとってどのように良いのでしょうか?
当社は国際規格ISO14044とISO14040に準拠したライフサイクルアセスメント(LCA)を行っています。LCAは、原材料の抽出から材料の加工、製造、流通、使用、メンテナンス、廃棄やリサイクルに至るまでの全プロセスを評価するものです。当社製品のカーボンフットプリント(CO2の排出量)はカーボンニュートラルです。つまり、従来のプラスチックやその地球温暖化係数(GWP)と比較して、大幅にCO2の排出量が削減されています。

LCAの詳細については、こちらをご覧ください。

We use cookies to create a better user experience for you.

ホームページの内容について、ご意見をお聞かせください。

ご意見ありがとうございます。弊社ホームページ (www.woodly.com)の今後のサービス向上のためにご意見をお聞かせください。