Woodly

woodly

木材ベースの新しいプラスチック Woodly®

当社の使命は、プラスチックを再デザインすることにより、
持続可能な未来へと社会を変化させ、それを加速させることです。

詳しくはこちら woodly

当社の使命は、プラスチックを再デザインすることにより、
持続可能な未来へと社会を変化させ、それを加速させることです。

詳しくはこちら woodly

フィンランド大手小売業チェーン「Kグループ」は
小売店で初めて当社Woodlyのパッケージを導入

Woodlyのパッケージ材に包まれた「ベゴニアの鉢花」が、
Kグループの一部店舗で販売されています。

続きを読むwoodly

Woodly
woodly

プラスチックを再デザイン

プラスチック包装は、環境破壊を引き起こすと世界的な関心が寄せられています。プラスチック汚染のない世界を作るためには、プラスチックを排除すればいいのでしょうか? そうではなく、プラスチックそのものを環境破壊を起こさない形に再デザインすればいいのです。そのためには、プラスチックが再生可能な原材料から作られ、効率的にリサイクルできる形を作り出す必要があります。

従来プラスチックを再デザインしたのがWoodly®。まったく新しいタイプのプラスチックです。主な原料はウッドセルロース。従来の化石由来のプラスチックと同じ特性を持ちつつも、完全にカーボンニュートラルでリサイクル可能な素材となっています。

続きを読むwoodly

続きを読むwoodly

アースオーバーシュートデーをご存じですか?

「アース・オーバーシュート・デー」とは、人類の自然に対する年間の需要(エコロジカル・フットプリント)が、その年に地球が再生できる量を上回る日のことです。また、国別のオーバーシュート・デーとは世界中の人が、ある国の人と同じ生活をした場合、いつアース・オーバーシュート・デーが訪れるかを示すものです。地球の自然予算を使い果たした翌日から、人類が使う自然資源はすべて、未来の世代が使う資源を前借りし、消費を続けていくことになるのです。

世界

今日までの自然資源の消費率

142%

地球が1年間で再生できる資源量(2020年).

フィンランド

全人類がフィンランド人のように資源を消費した場合

313%

地球が1年間で再生できる資源量(2020年.

ドイツ

全人類がドイツ人のように資源を消費した場合

242%

地球が1年間で再生できる資源量(2020年).

アメリカ

全人類がアメリカ人のように資源を消費した場合

405%

地球が1年間で再生できる資源量(2020年).

中国

全人類が中国人のように資源を消費した場合

182%

地球が1年間で再生できる資源量(2020年).

データ資料: overshootday.org

一人一人が世界を変える

たった一人の消費者でも、購入を決定する意志と権利を持っています。その意志は、社会と企業の運営方法を形作ります。消費者が、環境に適した製品やサービスを積極的に購入すれば、環境に優しい製品も増えていきます。Woodlyの素材は、「Better for Nature – Wood-based plastic(自然に優しい、木製プラスチック)」というラベルで識別できます。

Woodly® の素材と当社の製品の詳細をぜひご覧ください。

続きを読むwoodly

woodly

ニュース

We use cookies to create a better user experience for you.

ホームページの内容について、ご意見をお聞かせください。

ご意見ありがとうございます。弊社ホームページ (www.woodly.com)の今後のサービス向上のためにご意見をお聞かせください。